Zeppダイバーシティ座席見え方!スタンディングと2階別に紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

Zepp Diver City Tokyo(Zeppダイバーシティ)は、2012年4月にオープンした東京・お台場にあるライブハウスです。

大型商業施設ダイバーシティプラザの中に会場があるため、ライブ前後の買い物や休憩、コインロッカーが施設内にあるなど便利な立地にあります。

東京の中でZeppは3ヵ所ありますが、その中で2番目に多い収容人数を誇っております。

今回は、1階2階スタンディングと座席の見え方や、コインロッカーの詳細などが気になる方のために、「Zeppダイバーシティ座席見え方!スタンディングと2階別に紹介!」と題してお届けします!

欲しかったあのチケット、、、
チケジャムなら安心簡単に購入できます

★チケット売買仲介アプリNo.1★

\購入手数料が実質無料/

オタクちゃん

私はチケジャム良席を探すことも…!

目次

Zeppダイバーシティの座席の見え方!

Zeppダイバーシティの座席表

Zeppダイバーシティのキャパシティは、スタンディング時で計2,473人、指定席時で計1,102人です。

座席の数はイベントにより変動します。

スタンディングの場合
計2,473人
座席ありの場合
計1,102人
1階2,107人888人
2階214人 (座席)
152人 (座席後ろの立ち見)
214人

1階フロアはフラットな作りのため、段差の前のフロアはスタンディング時、背が高い人が前に来ると埋もれてしまう可能性があります。

段差は1階フロアの中央、フロア後方のPA卓近くの2か所です。

PA卓とは、Public Addressの略で、マイクやスピーカーなどの音をより良く届けられるように調節する機材が置いてあるエリアを指します。

2か所段差があると、後方エリアでもとても見やすくなるのでありがたいですね★

1階からの見え方

Zeppダイバーシティ座席1階スタンディングの見え方です。

上記画像はどちらも前方エリアの下手からの見え方です。

上記画像は前から5列目くらいのセンターです。

ステージの高さがわかりやすい画像ですね!

上記画像は中央エリアの段差からの見え方ですね。

段差は高めで、とても見晴らしがいいですね!

オタクちゃん

私も段差が好きな人間なので、前が埋もれ始めていたら迷わずに段差を確保します。笑

上記画像は座席ありの時の見え方です。

座席ありの場合、A~M列が前方フロア、N~V列が1つ目の段差、W~Z列が2つ目の段差という配置になります。

2階からの見え方

Zeppダイバーシティ2階指定席からの見え方です。

前に大きい人がいても、ステージはちゃんと見えそうです!

上記画像からもわかるように、少し遠めではありますが、人の頭がかぶらずに全体を見渡せるので良い席ですね!

上記画像は2階席座席の後方、立ち見エリアからの見え方です。

座席からの見え方より更に高めの位置で見えますね。

オタクちゃん

Zepp Fukuokaの2階立ち見で見たことがありますが、同じような見え方でとても見やすかったのを覚えています。

欲しかったあのチケット、、、
チケジャムなら安心簡単に購入できます

★チケット売買仲介アプリNo.1★

\購入手数料が実質無料/

オタクちゃん

私はチケジャム良席を探すことも…!

Zeppダイバーシティのコインロッカーはどこ?

Zeppダイバーシティのコインロッカーと、会場付近のコインロッカーは以下の通りです。

会場内Zeppダイバーシティ内1階(開場前使用不可)
・300円ロッカー:330個
・500円ロッカー:48個
会場付近ダイバーシティ東京プラザ2階 Zepp入口付近
ダイバーシティ東京プラザ2階 QBハウス付近
台場駅 改札内
東京テレポート駅 改札内、改札外

座席ありの場合、大きい荷物でなければ椅子の下に置いておけますが、スタンディングの場合は大きい荷物は持ち込むと邪魔になってしまう可能性があるため、ロッカーに入れておいた方がいいでしょう。

会場内1階にもロッカーはありますが、

「スタンディングで良い所で見たい!」

「この番号ならあの場所を確保できるかも…」

という場合、荷物を入れる時間がロスしてしまいます。

準備万端でライブに臨むために、あらかじめ会場付近のロッカーに荷物を入れておくことをおすすめします!

ちなみに会場内のロッカーは、キャパシティの数より少ないのでご注意ください。

スタンディング時の荷物は、チケット、ドリンク代、スマホなど、必要最低限のものを持っていきましょう!

Zeppダイバーシティ座席見え方!スタンディングと2階別に紹介!まとめ

以上、「Zeppダイバーシティ座席見え方!スタンディングと2階別に紹介!」をお届けしました!

Zeppダイバーシティは、約2400人が入れる大きいライブハウスです。

1階フロアは全体的にフラットなため、スタンディング時の前方エリアは身長次第では埋もれてしまう可能性があります。

段差は中央エリアと、後方のPA卓付近にあり、とても見やすいので、前方エリアが見えにくい場合は段差で楽しむのもおすすめです。

座席ありの時は、ステージが高めなのでどこの席からでも見えやすいとの口コミが多かったです!

2階は指定席と、指定席の後ろに立ち見エリアがあります。

2階はステージからは遠くなりますが、どの位置でも全体を見渡せる見え方です。

コインロッカーは開場後に使用できる会場内のコインロッカーと、Zepp付近にも何か所か設置されています。

スタンディングの時は、大きい荷物はあらかじめコインロッカーに入れておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次