東京ドームシティホール見え方!アリーナとバルコニー別に紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

東京ドームシティホールは、東京都文京区の「ミーツポート」という施設内の地下にあります。

入口のある1階が第3バルコニーになり、地下に向かって第2バルコニー、第1バルコニー、アリーナ席へと段々と降りていく作りのホールで、アイドルのライブコンサートやプロレスのタイトル戦、演劇など様々な催しで利用されています。

各客席からの見え方はどんな感じ?

アリーナとバルコニーで見やすい席は?

そこで今回は、「東京ドームシティホール見え方!アリーナとバルコニー別に紹介!」と題してお届けしていきます!

欲しかったあのチケット、、、
チケジャムなら安心簡単に購入できます

★チケット売買仲介アプリNo.1★

\購入手数料が実質無料/

オタクちゃん

私はチケジャム良席を探すことも…!

目次

東京ドームシティホール見え方

東京ドームシティホールの座席表

東京ドームシティホールの座席はステージ前の座席が「アリーナ」、半円状にぐるりと設置されている2階、3階、4階の座席が「バルコニー」です。

バルコニー席はすべて固定席で全席座席指定になっています。

すべての客席はステージから30m以内に配置してあり比較的どの席も近く感じるでしょう。

東京ドームシティホールの入口は第3バルコニーになり、アリーナは地下3階になります。

実際の階数座席ステージから見た階数
1階(入口)第3バルコニー4階
地下1階第2バルコニー3階
地下2階第1バルコニー2階
地下3階アリーナ1階

アリーナの見え方

東京ドームシティホールの座席表

東京ドームシティアリーナの座席はステージから一番近く、臨場感や一体感を味わうには良い場所です。

東京ドームシティホールのアリーナの床は基本的に全面フラット。

座席配置の一例はこちら。

  • アリーナ全体がフラット、全席ステージに向いて整列
  • 2列ずつ段差が設置(偶数列は前の人と高さが同じなので被る場合あり)
  • 格闘技などでステージが中央に設置され、ステージを囲うようにコの字の客席

「前の人の高等部を眺めるだけの席だった…」

「センターブロックは目の前が人の壁」

といったように、段差が設置されていても、身長の低い人は特に見えにくく感じるようです。

アリーナ最後列、床がフラットなため上半身は見えるけれど、やはり視界の半分程は前の人の頭で隠れていますね。

しかし、アリーナ後方からでも出演者との距離は近いです!

第1バルコニーの見え方

東京ドームシティホールの座席表

東京ドームシティホール第1バルコニーは、視界を遮るものがなくとても見やすい席です!

ステージにいる出演者と目線の高さがおおむね同じ、バックスクリーンも目線の高さにあるのでとても見やすいです。

ステージに向かって半円状になっているため、センターシートとサイドシートでは、ステージからの距離や見え方が変わってきます。

51番~70番

東京ドームシティホール第1バルコニー1列目は一番良い席と言えるのではないでしょうか!

ステージ全体が見え、かつ視界に邪魔なものもなく、距離感も程よく近い!

オペラグラスを使わなくても表情が見えます。

3列しかありませんが、床に段差がないため前の列に大きな人が座るとステージが見えにくいことも。

31~50番・71番~90番

2列目と3列目の間に段差があるので、3列目以降の座席も前の人が気になることなくステージがよく見えます。

表情までは肉眼で見えなさそうなので、オペラグラスや双眼鏡を持っていれば安心でしょう。

1~28番・91~120番

ステージ端は見切れる部分があり斜めからの眺めにはなるものの、ステージとの距離はかなり近いですね。

ファンサなどで左右を見てくれると、表情までしっかり見えそうです!

第2バルコニーの見え方

東京ドームシティホールの座席表

東京ドームシティホール第2バルコニーは、思っていたよりステージに近く、視界も良好な席です。

第1バルコニーからの眺めとほぼ同じですが、階数が上がり、列ごとに傾斜もあり高さがある分、見下ろす形にはなります。

そこそこ近く感じるものの、表情まで見るにはオペラグラスや双眼鏡が必須。

1番~10番・111番から120番の席はほぼ真横からの眺めになるため、舞台手前側の見切れは避けられません…。

が、奥側の舞台袖が見えるので、「裏側を覗き見た気分!」といった楽しみ方をしている方も。

第3バルコニーの見え方

東京ドームシティホールの座席表

東京ドームシティホール第3バルコニーは高さがあるものの、ステージ全体は良く見える席です。

第3バルコニー51番~88番最前列

第3バルコニー91番~110番付近

高さはあるものの、視界良好で会場を一望できるので、会場全体の空気感を感じられる座席です。

オペラグラスや双眼鏡があれば表情まで見えて、ストレスなく楽しめるでしょう♩

第3バルコニー1番~10番

目の前にドーン!とライトの機材やスピーカーがあり、手前側やバックスクリーンが隠れてしまいます。

両サイドの席はどうしても見切れてしまいますね・・・

その代わり、チケット価格がお手頃で「生演奏を楽しむ」「会場の雰囲気を味わう」には良い席です。

欲しかったあのチケット、、、
チケジャムなら安心簡単に購入できます

★チケット売買仲介アプリNo.1★

\購入手数料が実質無料/

オタクちゃん

私はチケジャム良席を探すことも…!

東京ドームシティホール見え方!アリーナとバルコニー別に紹介!まとめ

以上、「東京ドームシティホール見え方!アリーナとバルコニー別に紹介!」と題してお届けしました。

アリーナ席は、ステージから近く、臨場感を味わえる!といった一方で、前の人で見えにくくなり視界はイマイチなことも…。

それに比べて第1、第2、第3バルコニーのセンター(51番~70番)の座席は視界もクリアでほどよい距離感♩

各バルコニー「1番~10番」と「111番~120番」のステージ真横は一部見えない見切れ席です!

各バルコニーの見切れ席からは、「舞台袖の様子が見られて、裏側を覗き見た気分!」と喜ぶ声も。

出演者の表情や細かな動きを見たい時には、オペラグラスや双眼鏡があると安心です。

東京ドームシティホールはすべての客席がステージから30m以内にあるため、「思ったより近く感じた」という声が多くありました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次