パシフィコ横浜国立大ホール座席見え方!1階2階3階別に紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

パシフィコ横浜の国立大ホールは、東日本唯一の国立国際会議場で、会議やコンサート・式典・イベントなど、多目的に利用されています。

パシフィコ横浜の国立大ホールの座席からの見え方ってどんな感じ?

1階席、2階席、3階席があるけどそれぞれからの見え方を知りたい!

見切れ席からの見え方は?全然見えない?

そこで今回は「パシフィコ横浜国立大ホール座席見え方!1階2階3階別に紹介!」というお題でお届けしていきます。

欲しかったあのチケット、、、
チケジャムなら安心簡単に購入できます

★チケット売買仲介アプリNo.1★

\購入手数料が実質無料/

オタクちゃん

私はチケジャム良席を探すことも…!

目次

パシフィコ横浜国立大ホールの座席の見え方

パシフィコ横浜国立大ホール
1階席の座席表

パシフィコ横浜国立大ホールの座席表

パシフィコ横浜国立大ホール
2階席の座席表

パシフィコ横浜国立大ホールの座席表

パシフィコ横浜国立大ホール
3階席の座席表

パシフィコ横浜国立大ホールの座席表

パシフィコ横浜国立大ホールのキャパシティ

1階3,260席
2階994席
3階748席
合計5,002席

パシフィコ横浜国立大ホールは縦長の会場で、ステージから1階の最後列までの距離はだいたい60mくらいと考えられます。

下図はパシフィコ横浜国立大ホールの断面図です。

パシフィコ横浜国立大ホール

ピンク色に塗られている部分が各階の座席です。

上図から、3階最後列は1階最後列よりも後ろにあることがわかります。

それでは、1階席、2階席、3階席の見え方をそれぞれ見ていきましょう。

1階の見え方

パシフィコ横浜国立大ホール1階座席では、全体的に傾斜が緩く座席も千鳥配置ではないため、人でステージが見切れる可能性があります。

1階席は、1列~9列までは可動式の椅子が設置されており、公演によってはステージとして利用されることもあるため、その場合は10列が最前列になります。

1列から28列目までは段差ではなく、緩やかな坂で傾斜がついているため、前の人の頭が視界に入りやすくなってしまいます。

しかし、ステージと近いため人に視界を遮られることがなければ、肉眼で楽しむことができる良席です

29列目以降は1列1段の段差がついていますが、段差の高さはそれほど高くないため、ここでも前の人の座高・身長によってはステージが見切れる可能性があります。

また、通路を挟む29列目以降からステージとの距離を感じ、ステージ上の人物の表情まで鮮明に見ることは難しく、人によっては双眼鏡が必要になる可能性があります。

ステージから1階最後列までの距離は約60mと、かなり遠いです。

SNSでは、1階後方だとほとんど見えないといった声も多数見受けられました。

しかし遠くて見えない座席の場合は、双眼鏡があれば見え方は改善されますよ♪

パシフィコ横浜国立大ホール1階で使う双眼鏡おすすめ倍率
  • 1階29列目以降は6~8倍の双眼鏡がおすすめ!

2階の見え方

パシフィコ横浜国立大ホール2階座席は、ステージを見渡しやすい席になっています。

また、2階席でも段差があるものの緩やかであり、後方の席では前の人の座高・身長によってはステージが見にくくなることがあります。

小柄な方だと前列の人でステージの下半分が見切れて、ほとんど見えないといったこともあります。

お子様や小柄な方は、少し座高を量増しするシートクッションなどを持参するのもひとつの手ですね◎

ステージが見切れてしまうのは仕方ない場合もありますが、遠くて見えない分は双眼鏡でカバーできます。

2階最前列は1階35列の頭上に位置しており、さらに高さが加わるため、2階最前列でもステージとの距離は50m近くあると考えられます。

倍率の高い双眼鏡は手ブレなどで酔いやすいので、手ブレを補正してくれる防振双眼鏡などもおすすめです♪

パシフィコ横浜国立大ホール2階で使う双眼鏡おすすめ倍率
  • 2階席は8~10倍の双眼鏡がおすすめ!

3階の見え方

パシフィコ横浜国立大ホール3階座席では、ステージを見下ろしている感じが強くなります。

それもそのはず、3階席は建物でいうと5階から6階の高さになります。

高所が苦手な人には、つらい高さですね。

また、ステージとの高低差が大きいため、3階の後方席では「ステージ上の人の上半身しか見えない」と見切れが発生する場合もあるようです。

3階席はステージとの距離が一番遠いため、肉眼ではほとんど見えないという声も多数ありました。

しかし最後の引用のように、3階でも出演者が近くまで来る可能性もあります!!

オタクちゃん

こんなに近くまで来てくれたら3階席でも大興奮ですね!!

3階席の最後列は1階席の最後列よりもさらに後ろにあるため、ステージから3階最後列までの距離は80~90mくらいはあると考えても良さそうです。

3階席は、ある程度高倍率な双眼鏡を用意しておくのをおすすめします◎

パシフィコ横浜国立大ホール3階で使う双眼鏡おすすめ倍率
  • 3階席は10~12倍の双眼鏡がおすすめ!

パシフィコ横浜国立大ホールの見切れ席の見え方

パシフィコ横浜国立大ホールの見切れ席は、注釈付き指定席として販売されていることもあります。

見切れ席(注釈付き指定席)とは、機材や会場の設備などによってステージが見えづらい席のことを指します。

上記の画像は1階席の後方のステージ正面にあたる座席からの見え方です。

写真を見る限り障害物などは無く視界は良さそうですが、どの座席が注釈付きとして販売されるかは、公演によっても異なります。

上記の画像は3階の16列目(最後列から1列前)からの見え方です。

注釈付きだったのかどうかはわかりませんが、手すりが被ってしまいステージがほとんど見えません。

1階、2階、3階の全フロアにおいて言えることですが、やはり後方席は前列の人が被ってしまいステージが見切れる可能性がかなり高いです。

その他には、後方でなくても機材が障害になってステージが見切れる席、2階、3階は手すりでステージが見切れる席などもあります。

しかし機材がどこに設置されているかは公演によって異なるため、このタイプの見切れ席を事前に把握するのは難しいでしょう。

一方、手すりでステージが見切れる席は事前に座席表を確認しておけばある程度回避することが可能です。

パシフィコ横浜国立大ホール2階、3階の座席を指定する際は、手すりから最低でも2つか3つ離れた席を指定することをオススメします!

欲しかったあのチケット、、、
チケジャムなら安心簡単に購入できます

★チケット売買仲介アプリNo.1★

\購入手数料が実質無料/

オタクちゃん

私はチケジャム良席を探すことも…!

パシフィコ横浜国立大ホール座席見え方!1階2階3階別に紹介!まとめ

以上、「パシフィコ横浜国立大ホール座席見え方!1階2階3階別に紹介!」というお題でお届けしました。

パシフィコ横浜 国立大ホール1階の座席の見え方は、全体的に傾斜が緩く座席も千鳥配置ではないため、人でステージが見切れる可能性があります。

また、1列~9列は公演によってはステージとして利用されることもあるため、10列が最前列になることもあります。

2階席の見え方は、ステージを見渡しやすい席になっていますが、傾斜が緩やかなため前の人によっては見にくくなることもあります。

3階席は、5階から6階の高さで、見下ろす感じが強くなります。

2階、3階の手すり付近の座席はステージが見切れやすいため注意が必要です。

双眼鏡のおすすめ倍率まとめ

  • 1階29列目以降は6~8倍
  • 2階席は8~10倍
  • 3階席は10~12倍

事前に座席をチェックしておけば、見え方も工夫次第で改善出来て公演をより楽しむことができますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次