ライブに双眼鏡は必要?割合やいらない理由も徹底調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。

「今度ライブに行くんだけど、双眼鏡は必要かな?」

「ライブ双眼鏡はいる派といらない派がいるって聞いたけどほんと?」

と悩んでいる方がいるのではないでしょうか。

そこで、ライブに双眼鏡はいるのか、ライブに双眼鏡がいる派・いらない派の割合などをまとめました。

今回は「ライブに双眼鏡は必要?割合やいらない理由も徹底調査!」というお題でお届けしていきます。

目次

ライブに双眼鏡は必要?

ライブに双眼鏡は、アーティストの顔をしっかり見たい・近くに感じたいと思う人には必要です。

多くても年に数回で頻繁に行けるわけではない、せっかく行けるライブです。

その瞬間でしか見れないアーティストの表情を見逃したくないと思う人は多いのではないでしょうか。

また、行けるライブでも近い席もあれば遠い席もあり、必ず肉眼で見える席にあたるとは限りません。

座席の位置を予測することはできても、見え方は実際にライブ会場に行ってみないとわからないのですよね。

ルールを守り使用していれば、誰かに迷惑をかけることではないので、必要だと自分が思うのなら持っていくべきです。

最近は撮影・録音機能付き双眼鏡が発売されており、盗撮対策のため禁止しているライブもあります。

双眼鏡を持っていくなら、双眼鏡を持ち込み禁止されていないか注意事項を確認してから持っていくようにしましょう。

双眼鏡を選ぶ際のポイント

双眼鏡を選ぶ際のポイントは、①倍率、②明るさ、③実視界、④防振機能です。

双眼鏡を探していると「10×22 6.5°」など表記が見られます。

この場合、倍率:10倍、対物レンズ有効経:22㎜、実視界:65°を表します。

①倍率

倍率は大きいほうがいいと思いがちですが、一般的に倍率が大きいほど視界が狭くなり、手振れがひどくなります。

よって、見たいものまでの距離によって適切な倍率を選ぶのがポイントです。

倍率の目安は、

アリーナ(~50m) → ~8倍
1階スタンド(~100m) → 8~10倍 
2階スタンド(150m前後) → 12倍~

②明るさ

コンサート会場などの薄暗い場所で双眼鏡を使用する際は明るさが大切です。

明るさ=対物レンズ有効経2÷倍率2 で求めることができます。

同じ倍率なら対物レンズの有効経が大きいほうが明るく、像がよりくっきり見えます。

明るさの目安、9~25であれば、薄暗いコンサート会場でも明るく見ることができます。

③実視界

実視界とは、双眼鏡を動かさずに見ることができる範囲を角度で表したものです。

実視界の角度が大きいほど見える範囲は大きくなります。

アーティストを素早く見つけたいライブでは実視界の大きさも双眼鏡を探すポイントになります。

④防振機能

防振機能は、手振れを防止して対象物をきれいに見せてくれる機能です。

倍率が大きいほど手振れも大きくなります。

少し高額になってしまいますが、ライブ中ストレスなく双眼鏡を見ることができるのでおすすめの機能です。

以上、双眼鏡を選ぶ際のポイントは、①倍率、②明るさ、③実視界、④防振機能でした。

双眼鏡を探す際は実物を見て、実際自分の目で覗いてみて探すのが確実です。

ライブに持っていく場合、双眼鏡の大きさも加味して、持っていても邪魔にならないコンパクトサイズを探すといいでしょう。

ライブに双眼鏡を持っていく人の割合

X(旧Twitter)での双眼鏡についてのアンケートでは、双眼鏡を「持っていく」が男女合わせて45.2%です。

「B’zのライブへ双眼鏡を持っていく」アンケート結果 総票数:215票

男女割合合計
持っていく男子1.9%45.2%
女子43.3%
持っていかない男子4.2%54.9%
女子50.7%

行くライブのアーティストや会場によっても結果は変わってくると思いますが、上記のアンケートでは「持っていかない」がやや多い結果になっています。

ライブに双眼鏡がいらない派の意見

ライブに双眼鏡がいらない派の意見は以下のようなものがあります。

  • 重たいから腕も首も痛くなる
  • どんなに米粒でも肉眼で見たい
  • アイドル見てる以外にも演出も楽しすぎるからいらない派
  • 推しは1人に決められないし、全体を見たい
  • うまく使えない
  • 使う暇がない

などの意見がありました。

一方で、

「双眼鏡いらない派だけど、今日はあってもよかったのかもしれない(後方席)」

という意見があり、いらない派でも双眼鏡があったらよかったなと思う瞬間もあるようですね。

ライブに双眼鏡は必要?割合やいらない理由も徹底調査!まとめ

以上、「ライブに双眼鏡は必要?割合やいらない理由も徹底調査!」というお題でお届けしました。

ライブに双眼鏡は、アーティストの顔をしっかり見たい・近くに感じたいと思う人には必要です。

双眼鏡がいる派・いらない派の割合は、いらない派のほうが少し多い結果でした。

ルールを守り使用していれば、誰かに迷惑をかけることではないので、必要だと自分が思うのなら持っていくといいでしょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次