ライブでカバンどうする?リュックはだめなのか大きさも調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。

ライブに行くとき、カバンや荷物はどうするか悩んだことはありませんか?

  • 遠征、仕事終わりなどで荷物が多くなってしまった…
  • ライブでリュックはだめなのかな?
  • どんな大きさのカバンなら大丈夫なの?

さまざまな悩みがあると思います。

そこで今回は、「ライブでカバンどうする?リュックはだめなのか大きさも調査!」をお届けします!

目次

ライブでカバンはどうする?

ライブでのカバンは、あまりに大きい荷物でなければ客席に持ち込みが可能です。

ホールやアリーナクラスでのライブは指定席があり、公演中は立ち上がって観ることが多いので、椅子の上に置いたり、邪魔にならないように椅子の下に置くこともできます。

着席時は膝の上にも置けますね!

盗難や窃盗が気になってしまう方は、貴重品をミニサイズのショルダーバッグなどに入れて身につけておくと安心ですね。

しかし、座席の下に収納できないサイズのカバンやキャリーケースなどの荷物は客席に持ち込めません。

ホテルに泊まる場合はホテルに、ロッカーが近くにあればロッカーに、会場に荷物預かりやクロークがあればそちらに預けると良いでしょう。

次に、ライブでの必需品をお伝えします。

  • チケット
  • 現金(ライブハウスではドリンク代が必要です)
  • スマートフォン
  • モバイルバッテリー
  • 身分証明書(本人確認をすることが多いため)
  • 飲み物
  • ハンカチ、ティッシュ

チケットは忘れたり紛失してしまうと会場内に入れないので、一番大事なものです。

今は紙チケットだけでなく、電子チケットを提示するライブも多いので、その場合はスマートフォンとモバイルバッテリーも必要ですね。

本人確認を実施するライブもあるので、身分証も忘れないようにしましょう!

次に、あると便利なものを挙げていきます。

  • うちわ
  • ペンライト
  • 双眼鏡
  • エコバッグ
  • ペンライト用の電池
  • メイク道具
  • 常備薬
  • 汗拭きシート
  • ゴミ袋
  • 防寒、暑さ対策グッズ

うちわやペンライトは個人によりますが、やはり推しにアピールするためには大事なものですよね!

ここに書いてあるもの以外で、あれば便利だと思うものがあれば持っていくと安心できるでしょう。

ライブカバンでリュックはだめ?

結論から言いますと、ライブはリュックでもOKです!

上の項目で書いたように椅子に置いたりできるので、リュックも持ち込むことができます。

ただ、スタンディングライブの場合は、リュックを持ち込むことはあまりおすすめできません。

どうしても持ち込みたいという場合は、前で抱えて持つか、足元に置くなどすると良いでしょう。

しかし、飛んだり、前へ行こうとする人でぎゅうぎゅう詰めになってしまうような激しいライブだと紛失してしまう可能性があります。

その場合は必要なものだけを身につけてライブに臨むようにしましょう。

ライブカバンでおすすめの大きさ

ライブカバンでおすすめの大きさは、指定席で座る椅子に収まる大きさのカバンです。

椅子より大きくはみ出てしまう大きさは、持っていくのも大変ですし、何より周りの人の邪魔になってしまいます。

推しのグッズやうちわがある場合は、リュックよりトートバッグがおすすめです!

取り出しやすく、うちわの柄の部分もすっぽり入るものが良いでしょう。

上記画像のように、推し活トートバッグというものが近年とても増えてきて、カラーバリエーションも豊富な可愛いカバンがたくさんあります。

推しのイメージカラーに合わせたり、推しの缶バッジやアクリルキーホルダーなどを大量に飾り付けた「痛バッグ」にしたり、持っているだけでワクワクしますよね♪

上記画像のような、リュックで痛バッグを作ってライブに参戦するのも楽しそうですね★

オタクちゃん

私は、推しの公式グッズのトートバッグを使ってます!

ザッカマート 楽天市場店
¥4,510 (2024/05/31 09:19時点 | 楽天市場調べ)

ライブでカバンどうする?リュックはだめなのか大きさも調査!まとめ

以上、「ライブでカバンどうする?リュックはだめなのか大きさも調査!」をお届けしました!

参戦するライブの規模によって、持っていくものやカバンの大きさなど気になってしまいますよね。

ライブでのリュックの持ち込みは、結構だめなのかと思われがちですが、持ち込んでも大丈夫です。

しかし、スタンディングライブの場合での持ち込みは、リュックで幅を取ってしまうのであまりおすすめできません。

ライブに持っていくカバンのおすすめの大きさは、指定席の座椅子にはみ出ないくらいの大きさで、うちわがすっぽり入るトートバッグがおすすめです!

最近では、痛バッグと呼ばれる推しグッズを飾り付けるカバンを持ち歩いてる人を街中で見かけることも多いので、ライブの日は痛バッグを作って参戦するのも楽しそうですね★

許容範囲内でご自身の好きなカバンを持ち、楽しいライブにしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次